屋根 リフォーム 葺き替え 塗装 カバー工法 瓦 ガルバ コロニアル アスファルトシングル

屋根の塗装2回目、もしくは2回目以降は、葺き替えるならどんな材料がいいでしょうか?

 

今回は、屋根のリフォームについてご紹介いたします!

 

屋根の形状や材料は様々ですが、

工事の工法は2つあります。

 

①葺き替え

②現在の屋根材の上に新しい屋根材を被せるカバー工法

 

です。

 

また、屋根材の種類は大きく4つに分かれます。

①粘土系(陶器)

②セメント系

③スレート、コロニアル系

④金属系

 

現況の屋根の勾配、耐震性、デザイン性から総合的に考慮してご提案いたします!

梅雨や台風に備えて、春にリフォームしませんか?

ちなみに弊社社屋は、従来のコロニアル屋根に、金属系のディーズルーフィングという商品をカバー工法にてリフォーム致しました。

 

見た目もスタイリッシュで軽量。かつ、板金屋根材に特殊な粒子を吹き付けているので、耐久性もグッドです!